義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

かうんた~

あたちいくつ?(フェレット)

プロフィール

下町マダム

Author:下町マダム
1月1日生れのおめでたい人らしいです。

神戸生まれ神戸育ち神戸在住と根っからの神戸っ子です。
某グループホームで介護士やってます。(^^;;


旦那・息子(25才)・娘(20歳)・おはぎ(尻尾つき息子)・よもぎ(尻尾つき娘)
と暮らしてます。

関西弁なんで読みずらかってもご勘弁を・・・

どうぞよろしゅうにm(_ _)mペコリ

天使になった仔ども(フェレット)

お気に入り

おすすめ!!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全房室ブロック

3日の夜のこと

夕食を食べ終えて、旦那とテレビを観ながら話をしていた。

話をしてる途中で、突然旦那がいびきをかきだした。

「なんやねん」と思いながら顔を観たら、白目をむいて痙攣を起こしている。

とりあえず「おとうさん」「あんた」と呼びながら肩をたたいた。

ほんの数秒で意識が戻る。

「ん???寝てた?」って、ごく普通に話し出す。

顔色も特に変わりなし。唇の色も普通や。


今あった状況を説明しながら

「あんた急に血圧あがったるんとちゃう?測ってみ」と。

旦那は、高血圧なので私は急に血圧があがって、痙攣を起こしたとその時は思っていた。

旦那が血圧を測ると「130や普通や。けど脈が35や」と

えっ!?35って・・・普通の半分やん!

何度か測りなおすも心拍数30台

これはおかしいと私が触診で測ってみる。

やっぱり39しかない。


これはやばいかも・・・ってことで新聞で今日の夜間救急の病院を調べる。

電話をして説明すると「診ますから、すぐ来てください」とのこと。


本人はケロッとしていて「別に普通やけど?車運転できるで」と

いうのを娘と二人で「なにゆうてんの!?」と止めさせて、タクシーを呼んだ。

着替えて、タクシーがそろそろ着く頃やと玄関まで行ったら

「なんかおかしいわ」と旦那が言い出し、座り込んだ。

こうなると素人が下手に動かすのは危険。

救急車の手配をする。

そして病院まで救急搬送された。


「病院に着きましたよ」と救急隊員が言ったとたんに

2回目の痙攣を起こす。

そのまま救急センターへ


処置室では、心電図を測り、点滴を打たれていたようで


救急センターのドクターから説明を受ける。

私に今とった心電図をみせながら

「今心拍数が40ぐらいしかありません。(心電図を指で指しながら)この部分は、心臓が止まっています。

 房室がほとんど機能していない。完全房室ブロックといいます。

 いつ心臓が止まってもおかしくない状態です。心臓が止まってしまったら、話にならんので

 とりあえず体外ペースメーカーを入れます。」と。


そして、体外ペースメーカーを留置した。

そのままICUへ。

そして担当のドクターに呼ばれて、現状の説明を受ける。

「今のところ急に心拍数が下がった原因がわからない。月曜日朝から検査をして

 結果を17時以降に聞きにきてください。

そのときにこれからの治療方針を考えましょう」とのことだった。


体外ペースメーカーを入れてから、自力で心臓は動いている。

結構本人は元気である。

次の日も落ち着いており、本人は「2~3日で帰るで~」ってのんきにいうぐらいの余裕もある。

月曜日には、一般病棟に移れるようなことを言っていた。


月曜日、息子と娘も呼んで一緒に検査結果を聞いた。

結果的には、もともと頻脈(90ぐらい)なのに急に心拍数が下がった原因はわからない。

たとえわかったところで、内服で治療できるものでもないし

房室の機能がやられているのは事実で、その機能が回復することはない。

このままほっとくと今後、同じように心拍数が急に下がって痙攣を起こす可能性は高い。

今回は、自宅であったが車を運転している時に起こす可能性もある。

ってことで急に何かが起こった時のためにペースメーカーを留置することを勧めます。

とのことだった。


ということで8日にペースメーカー植え込みオペを行い、無事に終わりました。


娘が「おかあさんが、おるときでよかった。私やったら気が付いてないかもしれない」と

普段いびきをかいてうたた寝しているから、いつものことやと思っても仕方がない。


助けてくれる人がおるところで倒れるのは、まだ死にたくないということだと思います。

幸い私は、仕事柄急変というのに少しは経験があるので

ほんまに私がおるときでよかった・・・


それにぶっ倒れた3日の日中は、娘と奈良へ行っていた。

その帰り道の高速なんかで痙攣が起きていたら・・・と思うと

背筋が寒くなる。



何もなければ、来週の月曜日には退院できる予定です。


今回のことで息子がかなり考えさせられたようです。

考えろ考えろ

親父とおかんはいつまでもおらんねんで!!

しっかりしいやぁ~~~




スポンサーサイト

テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

<< なんだかなぁ・・・ | ホーム | 風邪ひいたみたい・・・ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。